NEWS

  • 森薫広報部

【敢闘賞】外国人によるスピーチコンテスト

みなさんこんにちは♪


広報部のRINAです。


今回は、今治市で行われた「第2回 外国人によるスピーチコンテスト」へ弊社から

レイモンドさんが参加し、敢闘賞をいただきましたのでご報告と本人からのメッセージをお伝えいたします♪


レイモンドさんのスピーチのタイトル:フィリピンと日本の医療の差

スピーチの文字数:1200文字以内

【以下、レイモンドからのメッセージ】

今回応援してくれた森薫のみんな、私の大好きな同僚に感謝したいです。

まず第一に、私はすばらいい機会を得たことに感謝しています。

私にとっては、大変な名誉です。

そして何より、私を見捨てず受け入れてくれたりな先生に心から感謝します。

祝福された日、私たち全員が生きることができますように。

アーメン








今回、会社をあげて応援をしたコンテスト。初めはとても緊張をしてネガティブだった彼も、日を追うごとに「やる気と楽しさ」が目に見えて増えていった印象です。

一緒に働いている同僚の方にスピーチを聞いてもらったり、アドバイスをもらったり。

客観的に見て、これこそ、「一つの目標に対してみんなが同じ方向を向いている」そんな感じがして、これこそ会社の基盤だ。


そう思うと涙が止まりませんでした。


ビジネスでは結果が全てなところがあるのだけど、心を動かす「感動」は決して結果だけではないと改めて思ったひとときでありました。


本人に、「どう?スピーチ終わったけれど。」と聞いてみると「I'm very happy」ととびっきりの笑顔で答えてくれました。


小さなことでも良いのです。

誰かに共有をして、「これやりたいの」「未来、こんなになったらいいな」そんなことを

是非宣言をして仲間を作って、発信をしてください。


きっと、あなたを助けてくれる。


人生は、一度きりなのですから。


私は、かなりの夢と目標があります。


聞いてくれる方、いますか?笑 是非、語りましょう!


RINA

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示